MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

失敗しない公務員予備校選び!比較のポイントとは?【1位合格者が解説】

Study(学習)

公務員試験勉強をするにあたって、予備校はどこへ行くのがいいのか?という点で悩まれている方が結構多いと思います。

そんな方向けに、1位で国家一般職を現役合格した私が、予備校選びのコツについてご紹介します。

例えば大卒程度、地方上級・国家一般職を狙う方であれば公務員予備校は約30~40万円がかかってしまいます。また、就職がかかっているので、失敗したくないですよね?

今回は、予備校を比較するポイントについてまとめました。



大手の中から選ぶ

まず大前提として、大手予備校の中から選びましょう。

具体的には、TAC、LEC、大原の3社です。

これらの予備校はどこも実績があり、毎年数多くの合格者を輩出しています。

体験入学する

予備校を選ぶにあたって、まずすべきは、体験入学=無料講座受講です。どの大手予備校であっても、無料体験できる講座が何回かあるため、それを必ず受けましょう。

資料請求で講座のコース等については知ることができますが、実際足を運んでみないと分からないことが圧倒的に多いです。

実際に講義を受けることで、講義の質、講師の力量、テキスト・レジュメの内容を見ることができます。

自分にとって、

  • 講師の説明が分かりやすいかどうか
  • 講義が進むスピードは適切かどうか
  • テキスト・レジュメが見やすいか・復習しやすいか

といった視点から考えましょう。

また、模擬面接と小論文添削について、何度もしてもらえるかどうかについては確認しておきたいです。これらは実際に講師に見てもらってアドバイスをもらわないと改善していかないため、ここも予備校選びのポイントになります。

どちらも最低2~3回は行っておきたいところです。苦手な方であれば、より回数を積めるところが良いと思われます。

(補足として、お忙しい方であれば、講義を受けられなかった場合にどのような補償があるのかについても確認しておくといいですね。)

さらに、実際に校舎に足を運ぶことで、教室の照明や温度、清潔感といった学習環境や、その予備校に通っている人たちを見ることができます。

これらを見て、そこが居心地がいいかどうか、ここで長期間勉強していけそうかといった、肌感の視点からも考えてみましょう。

これらのことは、いくら口コミや人気ランキング等を見ていても分かりません。

そして、人によってどこの予備校が合うかというのも違います。

繰り返しになりますが、実際に体験入学へ行ってください。

参考までに、私は3社とも体験入学へ行きました。その中で、上記のポイントをもとに比較した結果、TACへ通うことに決めました。

仮に3社とも行って、どうしても合わないと感じたら、他の予備校を試してもいいと思います。

まとめ

大手であれば、「予備校のせいで落ちた」ということはまずありません。

しかし、「自分に合わない予備校を選んで落ちた」ということはあり得ます。

実際に足を運んで、自分に合った予備校を選びましょう。

ぜひ慎重に選びたいところですね。

そして、一度予備校を選んで入学してしまったら、迷うのをやめてその予備校を信じましょう。迷ったり悩んだりしてる時間と労力が無駄になってしまいます。

慎重に選んだら、あとは突き進むのみです。

それでは! ミハエル

コメント

タイトルとURLをコピーしました