MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

継続するためのたった1つのコツ【1年継続して1位合格しました】

Life Hack(知恵)

「新しいことを始めても、なかなか継続できないな・・・」

「継続できる人はすごいなぁ」

「継続できるのは持って生まれた才能だから、自分にはムリ」

といった方向けに、今回は継続するためのコツを解説します。

実は、継続できるのは生まれ持った才能ではなく、

たった1つのコツを実践するだけで、誰でも継続することができるようになります。

私は、大学受験では失敗していますが、このコツを使って1年間勉強を継続し、国家公務員試験に1位で現役合格しました(証拠は以下の記事)。

結論を言うと、継続するためのコツは「慣れ」です。

今回は、この「慣れ」、言い換えると「習慣化すること」について詳しく解説します。



習慣化までの道のり

継続するということについて、よく誤解されている方がいます。

「継続できるのは才能」とか、「自分には辛すぎるからムリ」といった誤解です。

しかし、継続することは誰一人例外なく、初めは辛いものです。

しかし、習慣化してしまえば、継続することが楽になります。

ここで重要なのが、

習慣化するまでには、ある程度の期間が必要であることを把握することです。

例えばジョギングを例に挙げましょう。

普段全く運動していないAさんは、ジムに行きますが続かず、1か月でやめてしまいます。

しかし、健康のため、少しでも運動をした方がいいと思い、

「毎朝10分間ジョギングをする」

という目標を決めたとします。

10分間と言えど、初めの1~2週間はかなり辛いはずです。

途中で歩いてしまったり、休憩してしまったりするかもしれません。

頭が痛くなったり、筋肉痛になったり、身体がだるくなったりして、やめたくなるかもしれません。

しかしその辛さを乗り越えて、徐々に身体が慣れてくると、

今度は「毎朝10分間ジョギングするのが普通」という具合に習慣化されていきます。

そしてさらに続けると、「ジョギングしないとなんだが気持ちが悪い」

というような身体になっていきます。

10分間では物足りなくなり、20分、30分、と徐々に伸ばしていくかもしれません。

では、毎朝30分間ジョギングしているAさんを見て、周囲の人はどう思うでしょうか?

「Aさんはもともと運動が得意で、継続できる人なんだ」

と思うかもしれません。

ですがAさんは毎朝のジョギングを習慣化しただけで、もともと運動が得意でも、継続できる人でもありませんでした。

実は、この例は勉強であれ何であれ、どのようなことにも当てはまります。

習慣化までの道のりは大変です。

しかし、一度習慣化してしまえば、むしろやめる方が難しくなります。

多くの人は最初の辛いと感じるところで諦めてしまい、継続できなくなってしまいます。

ここでグッとこらえて続けてみると、習慣として身に付き、その後は続けるのが楽になります。

習慣化するまでには、誰でもある程度の期間が必要であることを覚えておいてください。

習慣化した後の問題

一般的に、習慣化に成功して継続できた場合でも、途中で定期的に問題が現れることが多いのです。

これが継続ができないもう1つの要因です。

先ほどの例で言えば、

毎朝30分間のジョギングを習慣としていたAさんは、

インターネットでたまたま「ジョギングは健康にあまり効果がない」といった記事を見つけたとします。

これを見たAさんはモチベーションが下がってしまい、ジョギングをやめたくなります。

しかし、この時Aさんは、冷静に考えます。

「自分の健康診断の結果は改善しているし、明らかに元気になって体力もついてきているのを実感している」

「周囲にこれだけジョギングをしている人を見かけるのに、なぜ効果がないのか?」

「そもそもこの記事の根拠は何か?信憑性はあるのか?」

というように問題に対処し、Aさんは記事を気にせずジョギングを継続しました。

その結果、さらに健康状態が良くなっていきました。

また勉強を例にとると、

勉強を習慣化して継続していても、なかなか成果が出ないBさんは、

「本当に続けて意味があるのかな」「自分はダメなんじゃないか」

と思ってしまいます。

しかし、ここで冷静に立ち止まって考え、

「勉強の仕方に問題があるんじゃないかな?」

という考えに至ります。

そして勉強方法を改善して、勉強を継続しました。

その結果、徐々に成果が出始め、さらに継続するモチベーションにつながりました。

以上のように、習慣化した後に発生した問題について、適切に対処していくことで、その後もさらに継続していくことが可能になります。

まとめ

習慣化(ルーティーン化)し、定期的に現れる問題に冷静に対処していくことで、誰でも継続することが可能です。

継続は才能ではなく、スキルです。

誰でも後から身に付けることができます。

ぜひ、試してみてください。

それでは! ミハエル

コメント

タイトルとURLをコピーしました